「Micro Cinema Contest」 12月1日より募集開始|ニュース|ケーブル4K

番組を探す

  • アイコン Facebook
  • アイコン Twitter
  • アイコン YouTube
  • アイコン Instagram

閉じる ボタン 番組表・フライヤーを見る

閉じる ボタン 番組表・フライヤーを見る

ニュース

「Micro Cinema Contest」 12月1日より募集開始

― 5分以内の短編動画作品によるコンテスト企画 ―
「Micro Cinema Contest」
12月1日より募集開始

 

「ストーリー性のある、5分以内の短編動画」を全国の映像クリエイターから募集する「Micro Cinema Contest」(以後、マイクロシネマコンテスト)を開催いたします。

マイクロシネマコンテストでは、5分以内のストーリー性のある短編の動画作品を『マイクロシネマ』と定義しました。近年のコロナ禍により外出の自由が奪われ、ふるさとに帰ることさえも困難になった中、「遠くからふるさとを思う気持ち」や、「会いたい人に会えない気持ち」などを、“ショートシネマ”よりもさらに短い“マイクロシネマ”として、映像クリエイターの皆さまの感性で表現していただくものです。
応募作品は、映画監督、映画企画・配給プロデューサー、映像制作専門誌の各分野で活躍中の3名が審査。受賞作品には賞金のほか、ケーブル4Kにて特別番組としての放送(来春予定)を始め、各動画メディアへの展開など、より多くの方々に作品をご覧いただける場を作ります。
ケーブル4Kでは、マイクロシネマコンテストを通して作品発表の機会を提供することで、コロナ禍により表現の場が縮小してしまったプロの映像作家から、映像制作を始めて間もない方まで、クリエイターの皆さまへの支援につながることを期待しています。

 

■Micro Cinema Contest(マイクロシネマコンテスト)概要
【募集期間】:2021年12月1日(水)~2022年3月31日(木)
【発  表】:2022年4月下旬
【募集部門】:ドラマ部門(4K/2K 各部門)
       「日本国内の『地域』特色が伝わるシーン/カット(またはセリフなど)を作品中に含めた5分尺以内の作品
       :ミュージックビデオ部門
        課題楽曲「見慣れたまち」(作詞・作曲:笹川美和)に合わせて、地域の映像シーンを含めたミュージックビデオ作品
【賞  金】:グランプリ(1作品)20万円※4K部門から選出 ほか、6賞(46作品)を選出予定
【審査委員】:池田千尋(映画監督/脚本家)
      :一柳通隆(「月刊 VIDEO SALON」シニアエディター)
      :増田英明(ラビットハウス代表取締役、映画企画・配給、プロデューサー、シナリオアナリスト)
【募集サイト】: https://microcinemacontest.jp/

 

BACK

最新記事