ニュース

須高ケーブルテレビ、ちゅピCOMグループ、日本デジタル配信がフットサル『DUARIG Fチャレンジリーグ2017/2018』を4K初の共同制作

須高ケーブルテレビ株式会社(STV、長野県須坂市、代表取締役社長:丸山康照)と株式会社ちゅピCOMふれあい(広島県広島市、代表取締役社長:山本治朗)・株式会社ちゅピCOMひろしま(広島県広島市、代表取締役社長:浅井幹夫)・株式会社ちゅピCOMおのみち(広島県尾道市、代表取締役社長:北村浩司)、日本デジタル配信株式会社(JDS、東京都渋谷区、代表取締役社長:河村浩)は、地域の活性化に貢献するスポーツコンテンツの普及促進や競技発展への支援を目的とし、2017年10月22日(日)及び2018年1月13日(土)に開催されるフットサル『DUARIG Fチャレンジリーグ2017/2018 広島エフ・ドゥvs. ボアルース長野(広島県広島市安佐北区で開催)』と同リーグ戦『ボアルース長野vs. 広島エフ・ドゥ(長野県長野市で開催)』を録画収録し、ケーブル業界共通の4K専門チャンネル「ケーブル4K」で放送します。また、同番組は須高ケーブルテレビ、ちゅピCOMのコミュニティチャンネルでも放送(2K)する他、長野県、広島県内ネットワークへの配信も予定しています。
この番組は一般財団法人日本フットサル連盟の協力のもと5社が放映権を獲得して制作、放送するもので4Kでは初めてのフットサルの番組となります。この番組を通して、地域のスポーツ振興と地域活性化に寄与できるよう、広域での連携も含め、今後も協力体制を強化してまいります。

<ケーブル4K/放送予定>
 ①2017年12月23日(土)~12月29日(金)16:30~18:00
②2018年2月放送予定

 <DUARIG Fチャレンジリーグとは>
DUARIG Fチャレンジリーグとは、日本フットサルのトップリーグであるFリーグへの入会を目指すクラブで一定の基準を満たした「Fリーグ準会員クラブ」に加えて、若手選手を中心に編成されたFリーグ下部組織の3クラブで構成されたリーグ戦となります。現在、全7チームが参戦しており、2回戦総当り全42試合のリーグ戦を行います。
Fリーグは「世代や性別、地域や所属を超えた交流のできるフットサルコミュニティを創出し、国民の心身の健全な発達を寄与する。」ことを理念とし、日本中にできるだけ多くのFクラブが存在することで、地域社会におけるフットサルを楽しむ機会の増加に貢献できるようリーグ戦を行ってまいります。

BACK

最新記事