4K放送とは|ケーブル4K

番組を探す

  • アイコン Facebook
  • アイコン Twitter
  • アイコン YouTube
  • アイコン Instagram

閉じる ボタン 番組表・フライヤーを見る

閉じる ボタン 番組表・フライヤーを見る

 

4K放送とは?

家電売り場やテレビCMなどで4K放送という言葉を耳にする機会は増えてきましたが、4K放送はそれまでの放送と何が違うのか? 4K放送を見るにはどうすれば良いかを簡単にご紹介します。

4K放送とは?

超高精細な4K映像

4K放送では、フルハイビジョンを超えるキメ細かな超高精細映像が映し出す映像と、自然で鮮やかな色彩などによって、迫力の映像体験をすることができます。
この4K放送の「K」は、テレビ画面に映像を表示するための点(画素)を1,000単位で表しており、「画素数」が多くなるほど、映像はクリアに、表現力は豊かになります。

※2K放送(水平1,920画素×垂直1,080画素=約207万画素)は、1,920画素を約2,000として2K
※4K放送(水平3,840画素×垂直2,160画素=約829万画素)は、3,840画素を約4,000として4K

4K放送は地上デジタル放送などのフルハイビジョン(2K)よりも、解像度(画素数)が約4倍(約207万→約829万)になるので、よりリアルで高精細な映像を楽しむことができます。

解像度だけじゃない! 4K放送のすごいところ

色鮮やかで、なめらかな4K画質

解像度が4倍になり、キメ細やかな映像が楽しめることとあわせて、「色彩」や「明るさ」の表現できる範囲が広がり、より「実際に見える色や明るさ」に近づいたり、1秒間に表示できるコマ数が倍増したことで速い動きを滑らかに映し出すことができます。

アンテナ不要?
4Kテレビがあれば、4K放送を見ることができる?

4Kテレビを設置した時点で、「4K放送を見ている」と思っている方もいるかもしれません。
しかし、4K放送を見るためには以下の全てが揃っている必要があります。

①4K放送を受信する設備(4K対応アンテナなど)
②4K放送を変換する設備(4Kチューナー)
③4K放送を投影する設備(4K対応テレビ)

③には、「4K放送が受信できない4K対応テレビ」と「4Kチューナーが内蔵されていて、4K放送の受信ができる4Kテレビ」があります。後者の場合は、②と③が揃っていますので、見たい4K放送を受信できる①の設備が整っていれば、4K放送が見られる状態です。また、4K放送を提供するケーブルテレビでは、①と②まで対応した専用チューナーを提供しているので、③があれば視聴できます。

4K放送を見るために必要な設備のイメージ

パターン1
パターン2
パターン3

※詳細は、一社)放送サービス高度化推進協会(A-PAB)「新4K8K衛星放送をどうすればみられるの」参照

4K放送が楽しめるチャンネルは?

圧倒的な映像美で地域の魅力を届ける「ケーブル4K」

2015年12月開局。
全国のケーブルテレビ局が制作した4K番組を統一編成する〝地域発!ニッポンの魅力を美しい映像で毎日、
お届けする”ケーブルテレビ限定の4K専門チャンネル。
ケーブル4Kとは?

その他の視聴可能なチャンネル

NHKや民放、ショップチャンネルなどのBS/4Kや、一部の有料チャンネルによるBS/CSが4K放送を提供しています。

※詳細は、一社)放送サービス高度化推進協会(A-PAB)「新4K8K衛星放送 チャンネル一覧」参照