番組紹介

となみ野の源流 ~大門そうめん 170年続く真夜中の仕事~

制作:となみ衛星通信テレビ

ドキュメンタリー 人物・歴史

©となみ衛星通信テレビ

富山県の南西部、となみ野には様々な歴史や伝統文化が残っている。このとなみ野で生きる人たちは、古くから郷土の恵みを授かり、その家々に伝わる料理方法で食文化を形成している。「となみ野の源流」は、そんなこの地域の食文化に焦点を当てそこで暮らす人々の日常、食の大切さ、恵みへの感謝、人とのつながりを映像化する。毎年10月から3月の寒い季節にだけ作られる大門そうめん。170年続く深夜から早朝の間に行われる作業。作り方にマニュアルのない伝統の製法が受け継がれている。

関連特集/シリーズ

まるごと1日 仕事人DAY
BACK