郷土菜発見 折戸(おりど)なす|ケーブル4K

番組を探す

  • アイコン Facebook
  • アイコン Twitter
  • アイコン YouTube
  • アイコン Instagram

閉じる ボタン 番組表・フライヤーを見る

閉じる ボタン 番組表・フライヤーを見る

番組紹介

郷土菜発見 折戸(おりど)なす

制作:TOKAIケーブルネットワーク

©TOKAIケーブルネットワーク ・JDS

それぞれの地域で大切に守られ、育まれてきた伝統野菜などにスポットをあて、食材の特色や栽培の歴史、その食材を使った料理などをご紹介するシリーズ。
「羽衣伝説」が残る静岡市清水区三保には江戸時代から作られている「折戸なす」がある。徳川家康が駿府城に在城したころに献上していたという記録が残っているが、明治以降栽培が途絶えてしまう。しかし国の研究機関でその「種」が保存されていたことから、平成17年に折戸ナスの復活を果たすことが出来、現在7軒の農家が年間約9トンの栽培に従事している。こうした、生産者の努力と工夫、また地域での食し方などを紹介。

BACK