番組紹介

豊穣の海路 北前船の真価 ~北前船と駆け抜けた高田屋嘉兵衛~

制作:ケーブルテレビ徳島

人物・歴史

©2020 テレビトクシマ

江戸時代後期。大阪から関門海峡を抜け、日本海に沿って遠く北海道まで荷を運ぶ航路があった。北前船と呼ばれるその船を、持ち前の勘の良さで操り、莫大な富を築いた男がいた。淡路島出身の商人、高田屋嘉兵衛だ。信用を重んじる人柄で商人としての頭角を現していった嘉兵衛であったが、図らずもロシアとの紛争に巻き込まれる。人質となりながらも戦争回避のため交渉を行い、平和的解決に導いた嘉兵衛。その波乱万丈の人生に迫る。

BACK