番組を探す

番組紹介

そこにあった命

制作:長崎ケーブルメディア

ドキュメンタリー 人物・歴史

©長崎ケーブルメディア

熱線で溶けたガラスや人骨、そして学生服のボタンなど、当時爆心直下で生きていた人々の遺品を発掘した竹下芙美さん78歳。竹下さんは「年々減少する原爆体験の語り部の代弁者として、この遺構は後世にも原爆の恐ろしさを伝えてくれる」と話します。この番組では、強い意志を持ち発掘作業に取り組んだ竹下さんの思いと、発掘された原爆遺構が伝える「そこにあった命」を描きます。

BACK